こんにちは!Amazon大好き村上晴紀です!

さっき会社の先輩と隣にある市役所の食堂へお昼に行って来ました!
食券方式の食堂で、他人丼(600円)を買おうとしたら・・・。

サイフに万札1枚+360円しかなく、600円お借りしました。
千円札しか使えない販売機でした。(後でちゃんと返しましたよ)

そういえば最近二千円札の姿をとんと見ないなぁと思う今日この頃です。

 

さて、先日「ルマンド」の販売価格についてお話しました。
さっき調べたら今日もAmazonパントリーでは【95円】でした。

で。

それだけで送ってもらうのも”なん”なので・・・

「味付けのりの食べ比べ」に手を出してしまいました(笑)

別に「ルマンド」だけでも送ってもらえるんですが、
Amazonパントリーの箱って結構デカくてなんだか申し訳ない気持ちになってしまうんですよね。

つまみになるようなものないかねぇ?

と探していたら「味付けのり」にたどり着いてしまった、というわけです。

 

小学生の頃は家で朝食を食べてから登校していて、
よく味付けのりを食べてました。

中学生になった頃からお腹の調子が整わなくなってしまい朝食抜きが習慣化。

今に至っては寝坊するので出社してから(もちろん始業前にですよ)
コンビニでパンや肉まんを調達するようになりました。

 

久しぶりの「味付けのり」です♪
一口に「味付けのり」といってもいろんなメーカーさんから発売されてまして、

A】A社の一般的な味付けのり
B】B社のてりやき味付けのり
C】C社の減塩味付けのり
D】D社のかき醤油付味付けのり

の4種をオーダーし、早速食べ比べてみました。
(例によって写真はありません)

A】あの頃の味。アツアツ白飯とみそ汁にマッチする、
「THE・味付けのり」といった印象でした。
ウチで食べてたのはコレか?

B】濃い。何が濃いってのりが濃い!
他の物と比べるとのり密度が高いのりでした。
「てりやき」というフレーズから、てりやきバーガーのような「てりやき」ソースを想像していましたが、まぁそこまで「てりやき」してるとベッタベタになるよね?普通に考えたらそうだよねアホだなぁ。と自分にツッコミながらいただきました。

C】全体的に薄い色合いで、スケスケな感じののりでした。
パリッ!とした食感が良く、さすが減塩、ライトな感じでした。

D】「かき醤油」の「かき」風味に大きな期待をよせていたのですが、
ほぼ感じることができませんでした。残念!
「かき」好きなんで残念です。

それぞれ70~100枚入ってますから、当面の間は「味付けのり」に困らないと思います。

 


こんな記事を書いているのは私、村上晴紀です!
よろしくお願いします!
プロフィールはこちらをどうぞ!

この記事に関するお問い合わせ