おはようございます!Amazon大好き村上晴紀です!

Amazon様の「注文履歴」ボタンが復活して、やっぱり便利だなぁ~と実感している今日この頃です。

そろそろ今週分の「ルマンド」を手配しようかと、
やっぱりAmazon様を訪れました。

ふと、「どれぐらいのペースで注文してるんだろう?」と気になったので、
早速「注文履歴」ボタンから眺めてみました。

ほほう。半月に1回程度買ってるのか。
じゃぁそろそろ発注の時期だなぁと思いつつ、
ふと「注文の詳細」を押してみました。

▼9月28日注文分

▼10月16日注文分

ん?

ちょっと待て!

値段が違う!!
しかも倍!!
大橋巨泉か!!

ちなみに今の価格はこちら。

 

これは驚きでした!!
「ルマンドアイス」について興味を持たなかったら「ルマンド」をこんなに買うことはなかったでしょうし、
当然ながらこの事実にも気付かなかったことでしょう。
そういう意味では「ルマンドアイス」のお話をしてくださった坪井秀樹さんに感謝したいと思います(笑)

私の心理を解説しますと、

1.「ルマンド」が欲しい!

2.『いつもの』Amazon様で注文しよう!
→届けてくれるし
→クレジットカードのポイント溜まるし
→他のものも一緒に買えるし

で完結しています。

 

そう!

【値段見てない!!】

 

他のものも一緒に買っているので、「合計○○円」で
「まぁそんなもんだろう」という感覚でした。

 

そりゃね、「ルマンド」だけ買ってりゃ、
「あれ?いつもと違う」って気付きますよ。(たぶん)

あるいは、
「合計10万円」
なんて表示が出れば
「いやいやいやいや!!おかしいやん!!」ってなりますよ。(たぶん)

 

この辺がねぇ~
感覚のマヒというか、習慣化されすぎているというか、男子ゆえの弊害というか。。。
女性のみなさん、特に主婦のみなさんだとこういうわけにはいかないと思います。きっと。

ウチの母親にしても、妹にしても、スーパーのチラシに載っている価格にはヒジョーに敏感で、

「A店で123円やったのが、B店では120円やで!B店行こう!」

って。

A店よりもB店の方が遠くて、その差額以上にきっとガソリン代の方がかかってんじゃないの?
って思うんですけど、何度ツッコんでも変わりません。

たぶん同じ両親から産まれた男子としては、
これはもう本能としての機能が何か違うのではないか?としか思えません。

あるいは、両親+妹の血液型がA型な中、唯一私一人だけがO型であることが因果しているでしょうか?

 

というわけで、
たまたま私が値段を気にしていなかっただけなんだと思いますが、
ひょっとしたら同じ感覚の方も世の中にはたくさんいるんじゃないかと思ったりします。

 

なじみのバーで

「マスター、いつものお願い」

ってオーダーして、いざお会計の時にびっくり!
なんてことはあんまりないと思いますが、
「いつもの」の破壊力ってすごいですね。

ちなみに私にはなじみのバーなんてものは存在しないので安心ですが(笑)

 

さて、今日は【今ならお安い】ルマンドをオーダーするとしましょう。


こんな記事を書いているのは私、村上晴紀です!
よろしくお願いします!
プロフィールはこちらをどうぞ!

この記事に関するお問い合わせ