こんにちは

ゴルフ買取王 菰野店です!

 

今回は『思い出の名器』の紹介です

 

以前のブログでも紹介した

テーラーメイドのバーナーTP 2007

このドライバーを使う前の

エースドライバーだったのが…

 

コレ↓↓

R510 TP !!

昔 使っていた方も多いのでは?

 

最近の小ぶりヘッド人気で

ひっぱり出してきちゃいました !!

 

久しぶりに打ってみると

『打感が最高 !!』

いまどきの球離れが早い感じとは

まったく違う!

芯を喰うと『コレ コレ~ この打感 !!』

って思わず口にでてしまいます(笑)

 

弾道が強くて ちょっとビックリ!

というより 上がらない…

『こんなに ハードやったっけ?』

シャフトの影響もあるかも

・・・で、思い出しました!

積極的にスピンをいれるような

打ち方をした方が飛ぶんだった!!ってこと

いつのまにやら

スピンを減らす打ち方が身について

しまっているようです(笑)

 

 

何というか 久しぶりに打ちましたが

やはり R510 TP は 飛びますね!

計測も してみましたが

今どきのギリギリドライバーと

ほぼ変わらない初速がでます!

しかも ヘッドが小さいことで

ヘッドスピードが上がる ので

正直 最新ドライバーより 飛ぶ…

けど 芯は小さいですね(笑)

 

打ってて思ったことが

でかヘッドのつもりで打つと

ひっかけフックがでるなぁ~っと

さっきも書きましたけど

スイングをちょっと変えないと

ドロップしちゃう感じ

フェースのローテーションを

減らすイメージで ちょっと逃がすかも?

ぐらいでちょうどいいぐらい

それだけ でかヘッドはフェースが

開きやすいんでしょうね

 

今回の R510 TP

懐かしのクラブでしたが

やはり 『名器は名器!』

いいモノはいい!でした

 

今度 現場にもっていって

コースで試してみたいと思います !!

この記事に関するお問い合わせ